明るい住宅を作るために

太陽の光が、しっかり入る住宅を意識してください。
すると昼間は、室内が明るくなります。
窓の地位置が悪いと、全く光が入ってこなくなります。
昼間でも電気を付ける生活を送らなければいけないので、電気代が無駄に高くなります。
また、窓の位置にも注意しましょう。
熱い時でも風が入ってくる方向の窓を開けることで、涼しくなるので冷房器具を使わなくても良くなります。
意外と忘れ安い部分なので、窓の位置を早めに決めると良いですね。


家族の人数分の部屋を作るよう心がけてください。
子供が小さい頃は、兄弟姉妹と一緒の部屋でも良かったかもしれません。
ですが大きくなれば、自分の部屋が欲しくなります。
その時にリフォームするのは、出費が増えるのでおすすめできません。
最初から、各自の部屋を用意していた方が良いでしょう。
子供の部屋は、同じ広さにしてください。
片方が大きいと、取り合いになってしまいます。

家事効率が良くなることを目標に、注文住宅を作っても良いですね。
洗面所の隣にベランダがあると、干しに行く手間を省くことができます。
たくさんの洗濯物があってもすぐ運んで干せるので、短時間で済むでしょう。
またリビングに、掃除道具を保管できるスペースを作るのがおすすめです。
するとゴミを見つけた際に、すぐ掃除道具を取り出してゴミを排除できます。
掃除道具が押し入れの奥にあると、取り出すのが面倒なので掃除しなくなります。
結果的に、家事効率が悪くなるでしょう。

良い住宅が見つからない場合

窓が少なかったり、位置が悪いと太陽の光が全く入ってきません。 室内が暗くなってしまうので、窓の位置を重要に考えてください。 暑い夏でも窓を開けると風が入ってきて部屋が涼しくなるので、冷房器具を 使う必要がありません。 電気代の削減に効果を発揮できます。

それぞれの部屋を作ってあげよう

子供にだって、もちろん部屋が必要です。 兄弟姉妹がいるなら、大きな子供部屋ではなく1人ずつの部屋を用意してください、 同じ大きさの部屋があれば、ケンカになることはありません。 部屋がないと、プライバシーを守れないので自宅で過ごしたくなくなってしまいます。

家事をしやすい住宅を目指す

部屋の設計しだいで、家事の効率が良くなったり悪くなったりします。 効率を良くするように、注文住宅を設計してください。 たくさん家電を使う住宅は、コンセントに位置にも気をつけましょう。 収納スペースが多いと、リビングに掃除道具をしまうことができます。