>

良い住宅が見つからない場合

昼間に明るくなるように

太陽光が入ってくることで、明るい住宅になります。
すると、気分も明るくなるでしょう。
しかし太陽の光と反対側に窓があると、光が入ってきません。
室内が暗くなるので、気分も落ち込みやすいです。
また昼間でも電気をつけて生活を送るので、電気代が高くなってしまいます。
そこまで大きな問題になるので、窓の位置を勝手に決めないでください。

注文住宅のデザインをする時に、適当に窓の位置を決める人が見られます、
しかし窓は、重要な役割を担っている存在だと忘れないでください。
窓を後回しにしていると、忘れてしまうことが多いです。
早めに決めてください。
窓の大きさや、数も自分で決めます。
1部屋に最低でも、2つの窓を備えるデザインしましょう。

夏に涼しくなる

窓を開けていると、風が入ってきます。
すると真夏でも涼しく過ごせるでしょう。
そのために、窓が必要です。
窓が少ないと、風が入ってこないので暑苦しい住宅になってしまいます。
そんな住宅では、快適に過ごせないでしょう。
ゆっくりくつろげる住宅にするために、注文住宅を選択する人がほとんどだと思います。

良い空間になるよう、工夫しなければいけません。
エアコンなどの、冷房器具を使えば良いと考えている人がいるでしょう。
しかし風だけで夏を過ごすことができれば、大きな電気代の削減に繋がります。
大きな窓を複数用意していれば、十分風が入ってくるでしょう。
冬は寒くなると思っている人が多いですが、厚手のカーテンをしていれば冷たい空気が室内に侵入することを回避できます。


この記事をシェアする