>

それぞれの部屋を作ってあげよう

1人の部屋を用意する

小さい頃は、兄弟姉妹が兼用する子供部屋でも満足できたと思います。
しかし小学校に入る頃には、自分の部屋が欲しくなるでしょう。
その時にリフォームをすると出費が増えてしまいます。
注文住宅を建設する時に、すでに子供専用の部屋を用意しておきましょう。
すると無駄な出費を抑えることができます。

同じ大きさの部屋を与えるように意識してください。
片方の部屋が広くて、片方の部屋が狭いとケンカの原因になります。
壁を取り外せるタイプの子供部屋を作っても良いでしょう。
すると、小さい頃は壁と外して、大きな子供部屋として使用できます。
子供たちが自分の部屋を欲しがるようになったら、壁を再び付けてください。
この方法なら、費用もあまり掛かりません。

将来のことを見通そう

今は子供がいなかったり、1人だけかもしれません。
しかし近い将来に子供が生まれるなら、きちんと部屋を確保しておきましょう。
今のことばかり考えて、注文住宅のデザインを決めないでください。
将来のことも考慮してどのくらいの部屋があれば良いのか判断しましょう。
デザインを決める時に、夫婦で子供は何人欲しいか話し合ってください。

希望する子供の数だけ、部屋を準備すると安心ですね。
実際に希望した数の子供が生まれなくても、空いている部屋を客間に使うこともできます。
部屋が多くあって損はしないので、多めに設計すると良いでしょう。
しかし部屋の数が多すぎると、1つの部屋のサイズが小さくなります。
バランス良く部屋を作ってください。


この記事をシェアする